原因を突き止める

美肌女性

ニキビは青春の象徴と言われることもありますが、若いうちだけでなく大人になってもできます。
できてしまったニキビは人目が気になるだけでなく、気になって触ってつぶしてしまうこともあります。
そうするとそこからばい菌が入ってうんでしまったり跡がのこってしまったりします。
なので一番はニキビができないようにすることが大切です。
そのために必要なことは肌を清潔に保ち、適度な食生活・運動をすることです。
特に脂っこいものを食べたりチョコレートを食べすぎたりするとできやすいし、またストレスを感じた時にもできます。
なので快適な食生活を送ることが大切です。
ニキビは顔だけでなく背中や首筋など体にもできるため毎日お風呂に入って体を洗って清潔を保つことが大切です。

いくら気をつかっていてもニキビができてしまうことがあります。
この場合は仕方ないので跡が残らないよう早く治すことに心がけることです。
なるべく触らないようにし、洗顔などをこまめにして清潔を保ち脂っこいものを避けることが大切です。
するとカサブタのようになり治っていきます。
完全に治るまでは触ってはダメで、治りかけ途中で触ると後が残ってしまうこともあります。
このようにしても跡が残った場合、年月が経過すると跡は目立たなくなってきますが皮膚が陥没した状態や色素が残った状態は残ります。
跡を目立たなくする方法として、ケミカルピーリングがあります。
これは皮膚を剥がしていく治療法で、何度か皮膚科に通院して施術してもらえます。